You are viewing documentation for Kubernetes version: v1.18

Kubernetes v1.18 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

Edit This Page

例: StatefulSetを使用したCassandraのデプロイ

このチュートリアルでは、Apache CassandraをKubernetes上で実行する方法を紹介します。データベースの一種であるCassandraには、データの耐久性(アプリケーションの状態)を提供するために永続ストレージが必要です。この例では、カスタムのCassandraのseed providerにより、Cassandraクラスターに参加した新しいCassandraインスタンスを検出できるようにします。

StatefulSetを利用すると、ステートフルなアプリケーションをKubernetesクラスターにデプロイするのが簡単になります。このチュートリアルで使われている機能のより詳しい情報は、StatefulSetを参照してください。

備考:

CassandraとKubernetesは、ともにクラスターのメンバーを表すためにノードという用語を使用しています。このチュートリアルでは、StatefulSetに属するPodはCassandraのノードであり、Cassandraクラスター(ringと呼ばれます)のメンバーでもあります。これらのPodがKubernetesクラスター内で実行されるとき、Kubernetesのコントロールプレーンは、PodをKubernetesのNodeノードはKubernetesのワーカーマシンです。 上にスケジュールします。

Cassandraノードが開始すると、シードリストを使ってring上の他のノードの検出が始まります。このチュートリアルでは、Kubernetesクラスター内に現れた新しいCassandra Podを検出するカスタムのCassandraのseed providerをデプロイします。

目標

始める前に

Kubernetesクラスターが必要、かつそのクラスターと通信するためにkubectlコマンドラインツールが設定されている必要があります。 まだクラスターがない場合、Minikubeを使って作成するか、 以下のいずれかのKubernetesプレイグラウンドも使用できます:

このチュートリアルを完了するには、Pod一番小さく一番シンプルな Kubernetes のオブジェクト。Pod とはクラスターで動作しているいくつかのコンテナのまとまりです。 ServicePodの集合で実行されているアプリケーションをネットワークサービスとして公開する方法。 StatefulSetStatefulSetはDeploymentとPodのセットのスケーリングを管理し、それらのPodの 順序と一意性を保証 します。 の基本についてすでに知っている必要があります。

Minikubeのセットアップに関する追加の設定手順

注意:

Minikubeは、デフォルトでは1024MiBのメモリと1CPUに設定されます。デフォルトのリソース設定で起動したMinikubeでは、このチュートリアルの実行中にリソース不足のエラーが発生してしまいます。このエラーを回避するためにはMinikubeを次の設定で起動してください。

minikube start --memory 5120 --cpus=4

Cassandraのheadless Serviceを作成する

Kubernetesでは、ServicePodの集合で実行されているアプリケーションをネットワークサービスとして公開する方法。 は同じタスクを実行するPod一番小さく一番シンプルな Kubernetes のオブジェクト。Pod とはクラスターで動作しているいくつかのコンテナのまとまりです。 の集合を表します。

以下のServiceは、Cassandra Podとクラスター内のクライアント間のDNSルックアップに使われます。

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  labels:
    app: cassandra
  name: cassandra
spec:
  clusterIP: None
  ports:
  - port: 9042
  selector:
    app: cassandra

cassandra-service.yamlファイルから、Cassandra StatefulSetのすべてのメンバーをトラッキングするServiceを作成します。

kubectl apply -f https://k8s.io/examples/application/cassandra/cassandra-service.yaml

検証 (オプション)

Cassandra Serviceを取得します。

kubectl get svc cassandra

結果は次のようになります。

NAME        TYPE        CLUSTER-IP   EXTERNAL-IP   PORT(S)    AGE
cassandra   ClusterIP   None         <none>        9042/TCP   45s

cassandraという名前のServiceが表示されない場合、作成に失敗しています。よくある問題のトラブルシューティングについては、Serviceのデバッグを読んでください。

StatefulSetを使ってCassandra ringを作成する

以下に示すStatefulSetマニフェストは、3つのPodからなるCassandra ringを作成します。

備考: この例ではMinikubeのデフォルトのプロビジョナーを使用しています。クラウドを使用している場合、StatefulSetを更新してください。
apiVersion: apps/v1
kind: StatefulSet
metadata:
  name: cassandra
  labels:
    app: cassandra
spec:
  serviceName: cassandra
  replicas: 3
  selector:
    matchLabels:
      app: cassandra
  template:
    metadata:
      labels:
        app: cassandra
    spec:
      terminationGracePeriodSeconds: 1800
      containers:
      - name: cassandra
        image: gcr.io/google-samples/cassandra:v13
        imagePullPolicy: Always
        ports:
        - containerPort: 7000
          name: intra-node
        - containerPort: 7001
          name: tls-intra-node
        - containerPort: 7199
          name: jmx
        - containerPort: 9042
          name: cql
        resources:
          limits:
            cpu: "500m"
            memory: 1Gi
          requests:
            cpu: "500m"
            memory: 1Gi
        securityContext:
          capabilities:
            add:
              - IPC_LOCK
        lifecycle:
          preStop:
            exec:
              command: 
              - /bin/sh
              - -c
              - nodetool drain
        env:
          - name: MAX_HEAP_SIZE
            value: 512M
          - name: HEAP_NEWSIZE
            value: 100M
          - name: CASSANDRA_SEEDS
            value: "cassandra-0.cassandra.default.svc.cluster.local"
          - name: CASSANDRA_CLUSTER_NAME
            value: "K8Demo"
          - name: CASSANDRA_DC
            value: "DC1-K8Demo"
          - name: CASSANDRA_RACK
            value: "Rack1-K8Demo"
          - name: POD_IP
            valueFrom:
              fieldRef:
                fieldPath: status.podIP
        readinessProbe:
          exec:
            command:
            - /bin/bash
            - -c
            - /ready-probe.sh
          initialDelaySeconds: 15
          timeoutSeconds: 5
        # These volume mounts are persistent. They are like inline claims,
        # but not exactly because the names need to match exactly one of
        # the stateful pod volumes.
        volumeMounts:
        - name: cassandra-data
          mountPath: /cassandra_data
  # These are converted to volume claims by the controller
  # and mounted at the paths mentioned above.
  # do not use these in production until ssd GCEPersistentDisk or other ssd pd
  volumeClaimTemplates:
  - metadata:
      name: cassandra-data
    spec:
      accessModes: [ "ReadWriteOnce" ]
      storageClassName: fast
      resources:
        requests:
          storage: 1Gi
---
kind: StorageClass
apiVersion: storage.k8s.io/v1
metadata:
  name: fast
provisioner: k8s.io/minikube-hostpath
parameters:
  type: pd-ssd

cassandra-statefulset.yamlファイルから、CassandraのStatefulSetを作成します。

# cassandra-statefulset.yaml を編集せずにapplyできる場合は、このコマンドを使用してください
kubectl apply -f https://k8s.io/examples/application/cassandra/cassandra-statefulset.yaml

クラスターに合わせてcassandra-statefulset.yamlを編集する必要がある場合、 https://k8s.io/examples/application/cassandra/cassandra-statefulset.yaml をダウンロードして、修正したバージョンを保存したフォルダからマニフェストを適用してください。

# cassandra-statefulset.yaml をローカルで編集する必要がある場合、このコマンドを使用してください
kubectl apply -f cassandra-statefulset.yaml

CassandraのStatefulSetを検証する

  1. CassandraのStatefulSetを取得します

    kubectl get statefulset cassandra
    

    結果は次のようになるはずです。

    NAME        DESIRED   CURRENT   AGE
    cassandra   3         0         13s
    

    StatefulSetリソースがPodを順番にデプロイします。

  2. Podを取得して順序付きの作成ステータスを確認します

    kubectl get pods -l="app=cassandra"
    

    結果は次のようになるはずです。

    NAME          READY     STATUS              RESTARTS   AGE
    cassandra-0   1/1       Running             0          1m
    cassandra-1   0/1       ContainerCreating   0          8s
    

    3つすべてのPodのデプロイには数分かかる場合があります。デプロイが完了すると、同じコマンドは次のような結果を返します。

    NAME          READY     STATUS    RESTARTS   AGE
    cassandra-0   1/1       Running   0          10m
    cassandra-1   1/1       Running   0          9m
    cassandra-2   1/1       Running   0          8m
    
  3. 1番目のPodの中でCassandraのnodetoolを実行して、ringのステータスを表示します。

    kubectl exec -it cassandra-0 -- nodetool status
    

    結果は次のようになるはずです。

    Datacenter: DC1-K8Demo
    ======================
    Status=Up/Down
    |/ State=Normal/Leaving/Joining/Moving
    --  Address     Load       Tokens       Owns (effective)  Host ID                               Rack
    UN  172.17.0.5  83.57 KiB  32           74.0%             e2dd09e6-d9d3-477e-96c5-45094c08db0f  Rack1-K8Demo
    UN  172.17.0.4  101.04 KiB  32           58.8%             f89d6835-3a42-4419-92b3-0e62cae1479c  Rack1-K8Demo
    UN  172.17.0.6  84.74 KiB  32           67.1%             a6a1e8c2-3dc5-4417-b1a0-26507af2aaad  Rack1-K8Demo
    

CassandraのStatefulSetを変更する

kubectl editを使うと、CassandraのStatefulSetのサイズを変更できます。

  1. 次のコマンドを実行します。

    kubectl edit statefulset cassandra
    

    このコマンドを実行すると、ターミナルでエディタが起動します。変更が必要な行はreplicasフィールドです。以下の例は、StatefulSetファイルの抜粋です。

    # Please edit the object below. Lines beginning with a '#' will be ignored,
    # and an empty file will abort the edit. If an error occurs while saving this file will be
    # reopened with the relevant failures.
    #
    apiVersion: apps/v1
    kind: StatefulSet
    metadata:
      creationTimestamp: 2016-08-13T18:40:58Z
      generation: 1
      labels:
      app: cassandra
      name: cassandra
      namespace: default
      resourceVersion: "323"
      uid: 7a219483-6185-11e6-a910-42010a8a0fc0
    spec:
      replicas: 3
    
  2. レプリカ数を4に変更し、マニフェストを保存します。

    これで、StatefulSetが4つのPodを実行するようにスケールされました。

  3. CassandraのStatefulSetを取得して、変更を確かめます。

    kubectl get statefulset cassandra
    

    結果は次のようになるはずです。

    NAME        DESIRED   CURRENT   AGE
    cassandra   4         4         36m
    

クリーンアップ

StatefulSetを削除したりスケールダウンしても、StatefulSetに関係するボリュームは削除されません。StatefulSetに関連するすべてのリソースを自動的に破棄するよりも、データの方がより貴重であるため、安全のためにこのような設定になっています。

警告: ストレージクラスやreclaimポリシーによっては、PersistentVolumeClaimを削除すると、関連するボリュームも削除される可能性があります。PersistentVolumeClaimの削除後にもデータにアクセスできるとは決して想定しないでください。
  1. 次のコマンドを実行して(単一のコマンドにまとめています)、CassandraのStatefulSetに含まれるすべてのリソースを削除します。

    grace=$(kubectl get pod cassandra-0 -o=jsonpath='{.spec.terminationGracePeriodSeconds}') \
      && kubectl delete statefulset -l app=cassandra \
      && echo "Sleeping ${grace} seconds" 1>&2 \
      && sleep $grace \
      && kubectl delete persistentvolumeclaim -l app=cassandra
    
  2. 次のコマンドを実行して、CassandraをセットアップしたServiceを削除します。

    kubectl delete service -l app=cassandra
    

Cassandraコンテナの環境変数

このチュートリアルのPodでは、Googleのコンテナレジストリgcr.io/google-samples/cassandra:v13イメージを使用しました。このDockerイメージはdebian-baseをベースにしており、OpenJDK 8が含まれています。

このイメージには、Apache Debianリポジトリの標準のCassandraインストールが含まれます。環境変数を利用すると、cassandra.yamlに挿入された値を変更できます。

環境変数 デフォルト値
CASSANDRA_CLUSTER_NAME 'Test Cluster'
CASSANDRA_NUM_TOKENS 32
CASSANDRA_RPC_ADDRESS 0.0.0.0

次の項目