You are viewing documentation for Kubernetes version: v1.18

Kubernetes v1.18 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

Edit This Page

サービスディスカバリーにCoreDNSを使用する

このページでは、CoreDNSのアップグレードプロセスと、kube-dnsの代わりにCoreDNSをインストールする方法を説明します。

始める前に

Kubernetesクラスターが必要、かつそのクラスターと通信するためにkubectlコマンドラインツールが設定されている必要があります。 まだクラスターがない場合、Minikubeを使って作成するか、 以下のいずれかのKubernetesプレイグラウンドも使用できます:

作業するKubernetesサーバーは次のバージョン以降のものである必要があります: v1.9. バージョンを確認するには次のコマンドを実行してください: kubectl version.

CoreDNSについて

CoreDNSは、KubernetesクラスターDNSとして稼働させることができる柔軟で拡張可能なDNSサーバーです。Kubernetesと同様に、CoreDNSプロジェクトはCNCFCloud Native Computing Foundation によってホストされています。

既存のデプロイでkube-dnsを置き換えるか、クラスターのデプロイとアップグレードを代行してくれるkubeadmのようなツールを使用することで、クラスターでkube-dnsの代わりにCoreDNSを使用することができます。

CoreDNSのインストール

kube-dnsの手動デプロイや置き換えについては、CoreDNS GitHub projectのドキュメントを参照してください。

CoreDNSへの移行

kubeadmを使用した既存のクラスターのアップグレード

Kubernetesバージョン1.10以降では、kube-dnsを使用しているクラスターをkubeadmを使用してアップグレードするときに、CoreDNSに移行することもできます。この場合、kubeadmは、kube-dns ConfigMapをベースにしてCoreDNS設定("Corefile")を生成し、フェデレーション、スタブドメイン、および上流のネームサーバーの設定を保持します。

kube-dnsからCoreDNSに移行する場合は、アップグレード時に必ずCoreDNSフィーチャーゲートをtrueに設定してください。たとえば、v1.11.0のアップグレードは次のようになります:

kubeadm upgrade apply v1.11.0 --feature-gates=CoreDNS=true

Kubernetesバージョン1.13以降では、CoreDNSフィーチャーゲートが削除され、CoreDNSがデフォルトで使用されます。アップグレードしたクラスターでkube-dnsを使用する場合は、こちらのガイドに従ってください。

1.11以前のバージョンでは、Corefileはアップグレード中に作成されたものによって上書きされます。カスタマイズしている場合は、既存のConfigMapを保存する必要があります。 新しいConfigMapが稼働したら、カスタマイズを再適用できます。

Kubernetesバージョン1.11以降でCoreDNSを実行している場合、アップグレード中、既存のCorefileは保持されます。

kubeadmを使用してCoreDNSの代わりにkube-dnsをインストールする

備考: Kubernetes 1.11では、CoreDNSは一般利用可能(GA)にアップグレードされ、デフォルトでインストールされます。

1.13以前のバージョンにkube-dnsをインストールするには、CoreDNSフィーチャーゲートの値をfalseに設定します:

kubeadm init --feature-gates=CoreDNS=false

バージョン1.13以降の場合は、こちらに記載されているガイドに従ってください。

CoreDNSのアップグレード

CoreDNSはv1.9以降のKubernetesで使用できます。Kubernetesに同梱されているCoreDNSのバージョンと、CoreDNSに加えられた変更はこちらで確認できます。

CoreDNSだけをアップグレードしたい場合や、独自のカスタムイメージを使用したい場合は、CoreDNSを手動でアップグレードすることができます。スムーズなアップグレードのために役立つガイドラインとウォークスルーが用意されています。

CoreDNSのチューニング

リソース使用率が問題になる場合は、CoreDNSの設定を調整すると役立つ場合があります。詳細は、CoreDNSのスケーリングに関するドキュメントを参照してください。

次の項目

CoreDNSは、Corefileを変更することで、kube-dnsよりも多くのユースケースをサポートするように設定することができます。詳細はCoreDNSサイトを参照してください。