You are viewing documentation for Kubernetes version: v1.18

Kubernetes v1.18 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

Edit This Page

高可用性トポロジーのためのオプション

このページでは、高可用性(HA)Kubernetesクラスターのトポロジーを設定するための2つのオプションについて説明します。

HAクラスターは次の方法で設定できます。

  • 積層コントロールプレーンノードを使用する方法。こちらの場合、etcdノードはコントロールプレーンノードと同じ場所で動作します。
  • 外部のetcdノードを使用する方法。こちらの場合、etcdがコントロールプレーンとは分離されたノードで動作します。

HAクラスターをセットアップする前に、各トポロジーの利点と欠点について注意深く考慮する必要があります。

積層etcdトポロジー

積層HAクラスターは、コントロールプレーンのコンポーネントを実行する、kubeadmで管理されたノードで構成されるクラスターの上に、etcdにより提供される分散データストレージクラスターがあるようなトポロジーです。

各コントロールプレーンノードは、kube-apiserverkube-scheduler、およびkube-controller-managerを実行します。kube-apiserver はロードバランサーを用いてワーカーノードに公開されます。

各コントロールプレーンノードはローカルのetcdメンバーを作り、このetcdメンバーはそのノードのkube-apiserverとだけ通信します。ローカルのkube-controller-managerkube-schedulerのインスタンスも同様です。

このトポロジーは、同じノード上のコントロールプレーンとetcdのメンバーを結合します。外部のetcdノードを使用するクラスターよりはセットアップがシンプルで、レプリケーションの管理もシンプルです。

しかし、積層クラスターには、結合による故障のリスクがあります。1つのノードがダウンすると、etcdメンバーとコントロールプレーンのインスタンスの両方が失われ、冗長性が損なわれます。より多くのコントロールプレーンノードを追加することで、このリスクは緩和できます。

そのため、HAクラスターのためには、最低でも3台の積層コントロールプレーンノードを実行しなければなりません。

これがkubeadmのデフォルトのトポロジーです。kubeadm initkubeadm join --control-placeを実行すると、ローカルのetcdメンバーがコントロールプレーンノード上に自動的に作成されます。

積層etcdトポロジー

外部のetcdトポロジー

外部のetcdを持つHAクラスターは、コントロールプレーンコンポーネントを実行するノードで構成されるクラスターの外部に、etcdにより提供される分散データストレージクラスターがあるようなトポロジーです。

積層etcdトポロジーと同様に、外部のetcdトポロジーにおける各コントロールプレーンノードは、kube-apiserverkube-scheduler、およびkube-controller-managerのインスタンスを実行します。そして、kube-apiserverは、ロードバランサーを使用してワーカーノードに公開されます。しかし、etcdメンバーは異なるホスト上で動作しており、各etcdホストは各コントロールプレーンノードのkube-api-serverと通信します。

このトポロジーは、コントロールプレーンとetcdメンバーを疎結合にします。そのため、コントロールプレーンインスタンスまたはetcdメンバーを失うことによる影響は少なく、積層HAトポロジーほどクラスターの冗長性に影響しないHAセットアップが実現します。

しかし、このトポロジーでは積層HAトポロジーの2倍の数のホストを必要とします。このトポロジーのHAクラスターのためには、最低でもコントロールプレーンのために3台のホストが、etcdノードのために3台のホストがそれぞれ必要です。

外部のetcdトポロジー

次の項目