You are viewing documentation for Kubernetes version: v1.18

Kubernetes v1.18 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

Edit This Page

はじめに

このセクションではKubernetesをセットアップして動かすための複数のやり方について説明します。

各Kubernetesソリューションはそれぞれ、メンテナンス性、セキュリティ、管理、利用可能なリソース、クラスターの運用に専門知識が必要など、異なる要件があります。

Kubernetesクラスタはローカルマシン、クラウド、オンプレのデータセンターにデプロイすることもできますし、マネージドのKubernetesクラスターを選択することもできます。複数のクラウドプロバイダーやベアメタルの環境に跨ったカスタムソリューションを選ぶことも可能です。

簡潔に言えば、学習用としても、本番環境用としてもKubernetesクラスターを作成することができます。

環境について学ぶ

Kubernetesについて学んでいる場合、Dockerベースのソリューションを使いましょう。これらはKubernetesコミュニティにサポートされていたり、あるいはKubernetesクラスターをローカル環境にセットアップするエコシステムを持っていたりします。

Local machine solutions table that lists the tools supported by the community and the ecosystem to deploy Kubernetes.
コミュニティ エコシステム
Minikube CDK on LXD
kind (Kubernetes IN Docker) Docker Desktop
Minishift
MicroK8s
IBM Cloud Private-CE (Community Edition)
IBM Cloud Private-CE (Community Edition) on Linux Containers
k3s

本番環境

本番環境用のソリューションを評価する際には、Kubernetesクラスター(または抽象レイヤ)の運用においてどの部分を自分で管理し、どの部分をプロバイダーに任せるのかを考慮してください。

Certified Kubernetesプロバイダーの一覧については、「パートナー」を参照してください。